1956年創業 日本のインドカレーの草分け 上野の「DELHI(デリー)」がすごい!

こんにちは!フィリピン在住のインド好き、現在日本に一時帰国中のマユミです。

現在東京に滞在しているのですが、東京にはたくさんのカレー屋さんがありますよね。

そんな数あるカレー屋さんの中に、1956年創業の日本人の経営する老舗カレー屋さん「DELHI(デリー)」があります。

今回、スリランカ料理の研究家の方に教えていただき、上野の「DELHI」に初めて行ってきました。

 

DELHI(デリー)とは?

1956年(昭和31年)創業。

創業者の田中敏夫さんは、富山県の味噌や醤油などを扱う食品会社に生まれ、35歳で佃煮の製造販売を行う会社を設立したそうです。

戦前、仕事でインドやパキスタン、スリランカに駐在し、日本帰国後に「DELHI(デリー)」を創業し、その後も常にインドの料理学校やレストランで調理を学び続けている、日本のカレー界を牽引してきた方です。

現在、上野店の他に銀座店、ミッドタウン店があります。

しかも、この「DELHI(デリー)」で修行し、独立し、お店を構えた方も多いとのことで、日本全国のカレー屋さんに影響を与えた、まさに老舗。

歴史がすごい!!

DELHI(デリー)の場所とお店の雰囲気

湯島駅(地下鉄千代田線)、御徒町(JR)、 上野広小路駅(地下鉄銀座線)から徒歩3〜5分、上野駅(JR)から15分くらいの場所にあります。

上野駅から向かいましたが、大通り沿いにあるので、比較的わかりやすかったです。

遠くからでも目立つ看板がありました。

店内は17席のみとかなりこじんまりしていました。

食べている途中に後ろを通る人と何回かぶつかったりしましたが、創業以来この場所で変わらないスタイルを貫いているところにもは並々ならぬこだわりを感じます。

 

DELHI(デリー)のメニューと料理

私の写真撮影下手すぎ問題が発生していますが、見えますでしょうか?一番上はデリーカレーです。

料理も飲み物も種類がたくさんあります。

 

こちらは①デリーカレー(950円)

チキンがごろっと入っています。見るからにスパイシーで美味しそうです。

私が注文したのはこちらの ⑤ベンガルカレー(1,000円)です。

野菜がたくさん入っていて女性に人気だそうです。ベンガルはコルカタの辺りの地域のことで、川魚やエビなどを使ったりします。

このカレーにもエビが入っています。ちなみに、私は肉より野菜や魚介が圧倒的に好きです。

スープはかなりシャバシャバ系。スパイスがきいています。野菜もホクホクでよく煮込まれています。

お米は日本米なので、インドカレーというよりもスープカレーのような印象でしたが、どちらかというと、この店が発祥でスープカレーなども生まれたのかもしれませんね。

 

家に帰ってきて知った衝撃の事実 カシミールカレーの隠された真実

このお店、実は誘ってもらうまで知りませんでした。

普段日本にいないので、いつも同じお店ばかりで全然開拓もせず。

 

帰宅して、ホームページを見て、ここの名物が「カシミールカレー」だということを知りました。

お店でかなーり気になっていたのですが、初めての店で、辛さ★★★★★ MAXを注文する勇気がなかったんですよね。

で、なぜ頼むか迷ったかというと、私の地元で皆知ってる有名なカレー屋さんでもカシミールカレーという名前のカレーがあり、私はそのカレーが大好きなのです!!

 

で、「え?ってかまさか。。。」と思い、たった今、その地元のインドレストランを検索したところ

 

「 1978年7月東京デリーのフランチャイズ1号店を前橋市表町に開店 」

出展:株式会社 大坂屋

まさかの東京デリーのフランチャイズ1号店。

令和一の衝撃でした。

いやぁ〜「ニューデリー」まさに!!です。

 

知ってたら、カシミールカレー頼んだかもしれませんね。

しかも、カシミールカレー自体、この「DELHI(デリー)」で生まれたそうです。

ただ、正直、私肉料理は種類とか部位によって食べられないので、父or夫の肉好き且つ私が「あ。これダメなやつだ」ってなった時に食べてくれる人と一緒じゃないと頼み辛くて。

残すの苦手(ワガママ!)。

 

なんにせよ、「日本全国のカレー屋さんに影響を与えた」お店は、群馬に3店舗ある人気のカレー屋さんをも生み出していたという群馬県民には衝撃の事実でした。

 

まとめ

私たちが行ったのが16時すぎという中途半端な時間にも関わらず、店内は常に満席状態でした。

お昼時や夕方以降は行列ができることも多々あるそうです。

17席と席数が少なく、店内も狭いので、ゆっくり話しながら食べるというよりは、ひたすらカレーを食べる!という雰囲気で、並んだとしても、回転は早そうだなと思いました。

ナンやチャパティなどはなく、日本米のみです。ベジタリアンメニューもなし。

「インドのカレー」「日本のカレー」のどちらでもなく、インドカレーを日本人の舌に合わせて改良してきた「DELHI(デリー)のカレー」というこだわりを感じました。

(何も知らずに、「日本米なんだ〜」とか思ってごめんなさい!)

次回行ったらカシミールカレーを頼んでみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ひらたび

旅とお酒、出会いと再会が大好きな夫婦。 2012年12月から無期限の新婚旅行中。 2015年11月からセブ島にある「旅人たちの英会話スクールCROSSxROAD」スタッフ。 今は セブを拠点に最幸な人生を更新中。 >詳しいプロフィールはこちらから